1. HOME
  2. ブログ
  3. シカゴ、ワシントンD.C.遠征

シカゴ、ワシントンD.C.遠征

シカゴ、ワシントンD.C.の遠征から帰ってきました。

 

この遠征では、いつもお世話になっているカブスのデータ、ビデオコーディネーターの正本尚人さんとご一緒させていただいたり、和田毅投手にもお会いする機会がありました。写真を記者の方が提供してくれました。

 

photo 1-11

 

ミッドウェストのシカゴ、東海岸のワシントンD.C.はここ西海岸と気候は全く違い、暑くジメジメしていました。今回のこの2都市では連日の様に雨が降りました。シカゴでの2試合目の中断は4時間35分におよび、午前一時を過ぎたところで試合中止が決定しました。次の日の最終日に1試合目の続きを午後4時から、3試合目を7時からという予定になっておりましたが、また雨による遅れで、1試合目の続きの開始が午後6時になり、最後の試合も予定より2時間遅れてのスタートとなりました。ワシントンD.C.でも、2日目の試合が雨の為に約1時間遅れて開始となりました。

 

photo 2-12

 

雨が降り続くシカゴの球場のフィールドの内野にはタープと呼ばれるシートが、試合直前まで掛けられていました。

 

さて、雨の日の中断中は何をしているかといいますと、皆自分の好きな事をしています。チームメートと話をしている選手、映画を観ている選手、携帯電話でゲームをしている選手、軽食をとっている選手、トランプゲームを楽しんでいる選手など、人それぞれです。

 

私は自分のロッカーの中に入り込んで携帯電話でニュースを観ていました。。

 

photo 4-8

 

 

西海岸で野球が出来るという幸せを改めて感じさせてくれる遠征でした!

 

 

サンフランシスコより、

 

植松泰良

 

関連記事